ファクタリングは比較して選ぼう

subpage01

ファクタリングは売掛債権をファクタリング会社に譲渡することによって行う資金の調達方法です。取引先の売掛債権を支払い日よりも前に資金化することができ、急に資金が必要になったという時などに注目されている方法になります。

ファクタリングの比較ができるサイトです。

ファクタリングは銀行融資よりも資金化しやすい方法として注目されており、比較的シンプルな手続きで早期に資金を得られるという方法と考えられています。

ファクタリングには2者で行うものと3者で行うものがあり、2者で行う場合は3者で行う場合と比較すると手数料が割高になっているのです。その理由として、2者の場合には取引先の承諾がなく、もしも債権が不渡りになってしまった場合のリスクがあるなどで、取引先の承諾がある3者での取引よりも手数料は高めになっています。



ファクタリングの手数料は銀行の融資よりも高くなっており、40%くらいの手数料が必要になっているケースもあります。
そのため、このようなサービスに申し込む場合は、手数料のことを考えると、取引先の承諾があった方がよりお得に資金化が図れると言う事です。

しかし、取引先に通知して行うと言う事になると、資金が必要になったと言う事を知らせるということにもなるため、ほとんどの場合、このサービスは2者で行われることが多いと言われています。


この方法は2者で行う場合にも申し込む会社によって手数料は異なっていますので、比較してからサービスを申し込む会社を決めるのが良いと言われます。