ファクタリングは素早い資金調達ができます

subpage1

ファクタリングは業者に売掛金債権を売却して現金化する方法です。即日から1週間ほどで入金してもらうことができます。


素早く資金調達したい場合におすすめです。


中小企業や個人事業主を対象としたサービスを行っている業者も存在します。


融資ではないので入金後に返済する必要はありません。

ファクタリングと同じように迅速な資金調達を行う方法としてはビジネスローンがあります。

ビジネスローンは無担保・無保証で事業資金の融資を受けることができます。

融資までの期間も短いの特徴ですが、金利の相場は6%から18%ほどとされています。
銀行や公的融資を利用する場合と比較すると、金利が高めに設定されているという特徴があります。ファクタリングには利用者と業者のみで行う2社間契約と売掛先を含む3社間契約が存在します。

2社間契約では利用者が売掛金の支払いを受けた後に、さらに業者へ支払う必要があります。


そのため業者にとってリスクが大きく、手数料が高めに設定されています。2社間契約の手数料は譲渡する売掛金債権額の10%から40%ほどとされます。

MSFJ アンカーガーディアン

3社間でファクタリングを行う場合は、業者が売掛先から直接的に支払いを受けます。



利用者は入金後に支払い義務を負うことはありません。

業者にとってリスクが小さいため手数料も低めに設定されます。
一般的に3社間契約の手数料は売掛金債権額の5%から10%が相場とされています。



ビジネスローンの金利と比較すると多少費用が安くなるので、状況に応じて利用しやすい方を選ぶことをおすすめします。


ファクタリングの身に付けたい知識

subpage2

最近頻繁に耳にするようになった言葉の中にファクタリングというものがありますが、これは簡単に言えば、企業が事業に必要な資金を調達する方法と言うことができます。このファクタリングサービスを利用することには多くのメリットがあると言われています。...

next

ファクタリングの比較の知りたい情報

subpage3

ファクタリングとABL(売掛債権担保融資)は売掛債権を利用した資金調達法という点で多くの共通点があります。しかし、相違点が多いのも事実です。...

next

これからのファクタリングの比較

subpage4

ファクタリングは売掛債権をファクタリング会社に譲渡することによって行う資金の調達方法です。取引先の売掛債権を支払い日よりも前に資金化することができ、急に資金が必要になったという時などに注目されている方法になります。...

next

ファクタリングの比較の驚く情報

subpage5

安定的な資金計画を立てながら、事業の継続と今後の拡大に向けて策を練っている経営者の方は、常に事業資金について頭を悩ませているのではないでしょうか。経営の安定化は経営のマストと言えますが、日本経済だけでなくグローバル化によって世界経済の影響も中小企業において大きくなり、昨今の激動する世界情勢に気をもんでいる方も多いものです。...

next